3/30(土)神宮球場―久しぶりの生観戦は、厳しい寒さに見舞われました

Tigers

神宮正面
神宮正面
LINEで送る
Pocket

開幕2戦目を見に、神宮球場に行きました。観戦仲間は、かつて私が開設していたホームページ『とらのこ』で知り合ったメンバーのうちのおっさん2名(アヤッチさん、やまさん)。知り合って15年で、おそらく20戦以上いっしょに見にいってるはずですが、勝率は、2割5分程度(^_^;)。べつに僕らが悪いのではなく、暗黒時代のまっただ中から行き始め、しかも関東の球場で観戦していたわけですから、当たり前のことですよ。

※なお、ここから先、いやこのカテゴリーの投稿に関しては、常体と敬体、方言が入り交じった文章になります。ご了承ください。試合が始まるまでは長いですが、始まってからはすぐ終わります。

 

スワレージ!

去年まで神宮のチケットは、ネット販売されていない、つまり球場でしか買えない席が確保されており、いつも僕は球場での販売開始日に窓口に行って買っていた。しかし今年からは全席ネット販売になっており、そのことに気付いたのが遅かったので、すぐさまネットに接続するも、目当ての席は既に残っていなかった。

これは今後のためにもシステムをよく理解しておかねば……、会員になると先行販売があるらしい……、ということで会員になりました(^_^;)。もちろん無料会員ですが。ネット裏2階席の上の方を3席ゲット。チケットを買うと「スワレージ」というのが貯まって、スワローズグッズがもらえるそうな。買う以外にも応援選手を登録したり、球場で会員のコーナーに行けばスワレージをもらえる。ちなみに僕はタイガースのファンクラブに入って10年になるので、ものすごーく特典がある。しかし、甲子園に行けばの話だ。なんかだかなぁ。

スワレージ溢れるマイページ

スワレージ溢れるマイページ

 

紙に換えるらしい

買ったチケットは、ORコードで表示される(QRが映るページのURLが送られてくる)。これを印刷して持って行くか、スマホの画面に表示させればいいわけだ。そういえば一昨年、浜スタ(横浜スタジアム)に行ったとき、既にこのシステムが導入されていたなぁ。これは便利。これをあらかじめいっしょに行く人にメールで送っておけばいい。今までは遅れてくる人が来るたびに、席を立って入り口までチケットを持って行ってたもんなぁ。

入り口まで行ってかっこよくiPhoneの画面を見せると、「QRチケットの引換所で入場券を受け取ってください」だと。横浜はたしか入り口で「ピッ」とやってくれたで。仕方なく、ちょっと離れたゲートの方にある機械で紙に換えてきた。

試合開始は14時だが、3人の待ち合わせは13時。早く行ったのは1階のネット裏でビジターである阪神の練習を見るためだが、13時5分くらいにはバッティング練習が終了。このとき、気温は8度ぐらい。あまりに寒いので1階から2階の席に移動する前に天ぷらうどんを食う。同行の2人は既に席に着いていて、震えながら手袋をしてビールを飲んでいた。マジかと思いながらも僕もビールを頼む。

試合開始までは、ペンギンがふざけて東京フィルハーモニー交響楽団の皆さんに東京音頭を演奏させたり、ファンクラブの親子キャッチボールを見ながら過ごす。そういえばノムさんがまだヤクルトの監督のころ、親子キャッチボールを見ながら「野村ぁ~、カツノリとやれー」とか叫んでたな。

親子キャッチボール

親子キャッチボール

P1060104

東京音頭の指揮をするペンギンのようなつば九郎

 

寒い寒い、試合が開始

P1060101

スタメンは開幕戦と同じ、恐怖の9点打線。名前を見てるだけで安心だ。いや、見てるだけなら安心?

1回表、いきなり西岡が痛くないデッドボールで出塁し、打順は8割男の大和。やまさんが「送りますかね?」。私・アヤッチさん「送らないでしょう」。しかし、内角低めのクソボール(席からはそう見えた)を、ゲートボールのような打ち方で、ぼてぼてのサードゴロで西岡封殺。「?????」という感じで、なんかいやーな予感が漂った。しかしそれを払拭するかのように、または逆に「ちゃんと進塁させておけば……」というネガティブな気持ちを残しながら、鳥谷がセンター前ヒット!!! このあと守備のミスとかをやってくれるわけですが、満塁までいって無得点に終わる。暗黒時代にも似た展開だけど、もうウチは強いはず。大丈夫と言い聞かせるも……。まさか、次のヒットが出るのは、1時間半後になるとは思ってもみなかった。

1回裏、パスボールで3塁に進んだランナーが、ゲッツー崩れの間にホームインして先取点を取られる。ものすごくアカン感じ。対照的なこの展開はやばいで。でもうちは、スタメン見てみぃ、負けるような打線やないと、言い聞かせる。2回以降、岩田はナイスピッチング。1回の1安打をいれても、6回まで2安打。見殺され感満載の懐かしい流れ。あまりに寒いので、だれもビールのお代わりをしなくなった。僕が焼酎のお湯割りを1杯、アヤッチさんがウイスキーのお湯割りを1杯飲んだのみ。

 

寒い寒い試合が終了

sIMG_1761

試合はそのまま、両軍併せて1回裏のゲッツー崩れの1点のみという寒ーい試合。速攻で飲み屋に直行。普通なら負けても試合の話に花が咲くのだが、なんせこんな試合だったので、すぐに話題が尽きてしまう。子どもの話とか海外ドラマの話とかを中心に盛り上がっていったが、最後は、逆にこんな日に来てしまったために、「今年はたくさん試合を見に行こう!」と誓い合って解散しました。行った店は美味しかった。

IMG_1770

LINEで送る
Pocket

»